採用情報 Interview

社員の声

Interview1 Yusuke AokiPanasonic Financial Accounting & HR Professional Partners

「コトマエ」管理で
経営の手助けを。青木 悠佑

パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 経理センター
モバイルソリューションズ 経理部 経営管理課 出向

Profile
地方銀行に4年間勤務。法人向けの融資を担当する中で、企業の課題を中から直接解決したいと思い、転職を決意。パナソニックの経営経理の考えに共感。2018年2月に当社入社。

当社への入社動機を教えてください

前職は銀行で法人向けの融資などを担当していました。銀行という立場からお客様である企業を支援してきましたが、その中でお客様の倒産なども経験しました。銀行はお金を融資できますが直接的な解決は内部の人にしかできません。「自分が企業の中に入って直接経営に携わりたい」というもどかしさから、直接企業の内部に入り込んで働いてみたいと思うようになりました。そうした背景から、数字を企業内から管理できる経理職を志望しました。当社は「経営経理」の理念のもとに経理職がより経営に近い立場で携われることを知り、私にとってぴったりの会社だと考え入社を決意しました。

現在の担当業務について
教えてください

私は、モバイルソリューションズ事業部で国内決算を担当しています。モバイルソリューションズ事業部はパソコンや堅牢タブレットなどを製造・販売する事業部で、その部署で私は主に固定費の「コトマエ」管理をしています。「コトマエ」管理とは、使う予定の予算を事前に集計し報告することです。刻一刻と変わっていく市場の中で正しい経営判断をするためのリアルタイムな情報を提供しています。

業務の中でどんな時にやりがいを感じますか?

やはり自分たちの仕事が経営に関わっていると感じる時です。私の行なっている「コトマエ」管理は適切な経営判断をくだすために大切な業務です。ただの事務ではなく、そうした経営の一端に携われていることが非常に嬉しいです。また、前職ではできなかった、企業の中で働くということにも、やりがいを感じます。

今の仕事の中で心がけていることは何ですか?

コミュニケーションを大切にすることです。普段はメールや電話でのコミュニケーションが主ですが、だからこそ打ち合わせやすれ違った時の挨拶など、日々のなにげないコミュニケーションを大切にしています。そういったことで信頼関係も生まれますし、様々なことを教えてもらえたりもします。上司や先輩も積極的にコミュニケーションをとってくれて、こういったところでも「人」を大切にするパナソニックグループの社風が出ているのかなと思います。

職場の雰囲気を教えてください

コミュニケーションが盛んで、人との距離が近いです。また、新しいことにチャレンジしていく社風があり、フレックスなどの制度は皆積極的に使っています。パナソニックグループというと入社前は、歴史のある大きな会社ということで堅いイメージを持っていたのですが、全くそんなことはありませんでした。とても働きやすく、社員のことを大事に考えてくれている会社なのだと思います。

これから入社される方へのメッセージ

パナソニックの経理は、経営にかなり近いところで働いています。未経験の人でも、周りの人とコミュニケーションをとりながら成長できる環境が整っています。こんなにいい環境は、他にはなかなか無いかと思います。転職への不安もあると思いますが、思い切ってまず一歩を踏み出してみてください。