採用情報 Interview

社員の声

Interview2 Naoya NakaharaPanasonic Financial Accounting & HR Professional Partners

経理の「あるべき姿」を目指して。中原 直哉

パナソニック株式会社 アプライアンス社 AP社直轄 経理センター
メジャーアプライアンス事業経理総括 ランドリー・クリーナー経理部 静岡経理課 出向

Profile
千葉県出身。東京の人材コンサルティング会社に新卒で入社。経理職に配属され1年半程勤務。企業の将来性、待遇、将来への「漠然とした不安」にかられ転職を決意。経理職としてのさらなるステップアップを目指し当社へ入社。

当社への入社動機を教えてください

前職で経理職の面白さに触れて、経理の仕事は今後も続けていきたいと考えていました。いわゆる経理というと決算を締めたりといった業務がメインではあるかと思いますが、決算を締めたPL/BSを見て今後への課題を見つけて経営をサポートできるような経理マンになりたいと考え転職活動しました。そんな中でパナソニックが掲げている「経営経理」という理念が私の中ですごくフィットしまして当社の採用試験を受けました。ぜひその「経営経理」を自分のものにしたいという想いで入社しました。

現在の担当業務について教えてください

私の出向先は、パナソニック株式会社 アプライアンス社という家電や空調関連製品、食品流通など主に暮らしに関わる製品を提供するカンパニーの静岡工場になります。こちらの工場の経営管理が大きな業務内容となります。私の出身は千葉で、大学も前職も東京でしたので、地方への出向は初めての経験になります。職場のある市は私の地元の千葉と似た雰囲気なので違和感なく働けています(笑)。

今の仕事の中で心がけていることは何ですか?

もちろん経理という立場上、数字の正確性であったり、スピードであったりは大切にしなければならないところだと思っていますが、とくに静岡にきて考えるようになったのは、経理として「あるべき姿」というものです。入社後の研修で教わった内容と、現場での実体がけっこう違ったりすることが多い。それがいわゆる「課題」になってくるわけですが、経理の「あるべき姿」と実体を把握して、じゃあどうすればあるべき姿に向かっていけるか。課題に対して、経理としてあるべき姿とは何なのかを常に考えて仕事をするようにしています。

仕事のやりがいについて教えてください。

私が配属された当初、部署の中でいわゆる「課題の見える化」というところがあまり出来ていないところから、どう見える化していくか、上司と話し合い助言をいただきながら自分で作り上げていきました。私の場合は、今は工場の固定費関連をメインで見ていますので、経費、人件費まわりを見える化して課題改善を促すという仕事がメインになっています。前職でやっていた業務が、主に請求書を発行したりというルーティンワークが中心でしたので、自分で考えて作り上げていく仕事が新鮮でとてもやりがいを感じます。

当社の社風について教えてください

本当に研修が充実しているなと思います。パナソニックの経理の理念である「人を育てる」ことをしっかり実践されていると感じます。一方で、それが大変だったりもするのですが(笑)。前職は経理職ではありましたが、いわゆる経理の本質を学んでこなかったため、知識やスキルだけでなくマインドのギャップを埋めるためにも非常に心強いと感じます。

これから入社される方へのメッセージ

日本を代表するメーカーであることは間違いありませんので、私はまだ経験できていませんが、例えば、他ではなかなか経験できない連結決算であったり、グローバルに展開しているので海外にも挑戦できる環境がある。あとは学ぶ環境が非常に整っているので、経理として力をつけるにはこれ以上ない環境だと思います。環境をどう活かすかは自分次第。それをフルに活用して一緒に切磋琢磨できる方に来ていただけたらと思います。